About

void+stockはこの時代のアートセレクトショップです。

アーティストのアトリエや倉庫には、過去に発表された作品や未発表の作品など、多くのアートワークが埋もれています。void+stock は、長年にわたりアートとデザインを結びつけてきたvoid+ならではの独自の観点で、それらの作品をキュレーションし、アーティストから期間限定で預かり、展示・販売するアートショップです。 従来のギャラリーとは異なり、空間構成、コーディネーション、スタイリングにも焦点を当て、住宅やオフィス、商業施設など、インテリアとアートのコーディネーションを提案していきます。さらに、アート作品と共に空間にアクセントをつけるユニークな植物や、カンバセーションピースとなる貴重なグラフィック関係の書籍、アートプロダクツなども展示・販売します。

void+stockはこの活動を通して、ひとの眼にふれる機会のない優れた作品の存在を発掘し、その価値を魅力的に伝え、新たなアートマーケットが生まれるきっかけをつくります。また、アーティストやアート関係者、コレクターやアートファンらの多様な視点により、新たな価値を創出する場となることを期待しています。

Curation

杉原寛 | Hiroshi Sugihara
(void+ / Azone+Associates inc. 代表)

1980年(株)やまもと寛斎に入社、店舗開発/空間プロデュースを担当する。1992年(株)アゾーンアンドアソシエイツ設立、空間やグラフィック全般の企画ディレクション、プロデュース業務を行う。1995年から2000年まで、青山界隈で行われたアートイベント「モルフェ」の立ち上げに参加、全体のビジュアルディレクション、事務局を務める。2005年「void+」開設、現代アートの展覧会を中心に建築や音楽、パフォーミングアーツなどのイベントを主催。2006年、東京と山梨を結ぶ二地域居住推進プロジェクトを提唱、山梨県勝沼に古民家を改修したカフェ、ギャラリー「Regreen Base」プロデュース。2018年、アートを企業や商業施設の戦略的コンテンツとして位置付け、デザインやイベントに展開するプロジェクト「+Graphysm」を始める。2020年「void+stock」開設。

void+における主な企画/プロデュース

2005年
「OJUNー未熟の人」「田中功起ー原因が結果」
2006年
「谷山恭子ーEcho」「宮嶋葉一」「萱原理沙ーLIMIT」
2007年
「ハンス・ベンダ 蜘蛛は君の肘掛け椅子の下にいる」「金村修ーダンテロブスター」
2008年
「折元立身ードキュメント」「森淳一ーminawa」「長谷川繁ーABSTRACT」「福田龍郎ーWhat have we found」
2009年
「川口隆夫ーA Parfect Life」「田口和奈ー半分グレーでできている」「中島吏英ーUnwind」「紫牟田和俊ーTORSOHOUSE」
2010年
「イヴ・マース PROGRESS」
2011年
「内海聖史ーシンプルなゲーム」
2012年
「福田龍郎ーBeyond」
2013年
「ロードショー 三田村光土里/白井美穂/松井智惠」
2014年
「金村修ーNothing was Delivered」展、「金村修x中原昌也」コラボレーションライブ、「古川流雄ーふたぎれ」
2015年
「宮嶋葉一」「Unknown展 村田峰紀/町野三佐紀/西原尚」
2016年
「小泉明朗+Manuel Saiz ーBetween One and Man」「森政俊ーBrackish Water」「Ojun-順光品々」「Unknown展 袴田京太朗」
2017年
「野村和弘ーイヤリングと葡萄」「Unknown展 高田安規子・政子」
2018年
「アリエール・ハッサンー平等の悲劇」
2019年
「保井智貴ーmisty」「井大裕ー線を借りる」「東恩納裕一ー不気味でないもの」「田口和奈ーエウリュディケーの眼」「青崎伸考ーあったもしれない椅子、たぶんウォルトディズニー、ほぼアイスクリーム、いま表参道」「Unknown展 山元彩香」
2020年
「蓮沼執太ーOTHER ”Someone’s public and private / Something’s public and private”」「五月女哲平ーour time」「本間純ーI saw a landscape」

Book Selection

蜂賀亨 | Toru Hachiga
(editor / creative director)

1997年にクリエイターマガジン「+81」を企画/創刊。その後「GASプロジェクト」のクリエイティブ及びエディトリアルディレクターを担当。2008年11月世界のクリエイティブジャーナル誌 「QUOTATION」を創刊 。著書に『from Magazine』(BNN新社)『creative in japan』(BNN新社)などがある。

Green Coordination

小田康平 | Kohei Oda
(叢 - Qusamura 店主)

1976年、広島生まれ。2012年、独自の美しさを提案する植物屋「 叢 - Qusamura 」をオープン。陶芸家、アーティスト、建築家など異分野のプロフェッショナルとのコラボレーションも多く、国内外でインスタレーション作品の発表や展示会を行っている。

 

Access

void+stock
107-0062 東京都港区南青山 3-16-14 1F
3-16-14 1st Floor, MinamiaoyamaMinato-ku, Tokyo 107-0062
TEL : 03-5411-0080
Open Hours:12:00 - 18:00
Closed : Sun, Mon and Public Holidays

※緊急事態宣言期間延長のため、4月26日(月)から5月31日(月)の店舗営業はお休みいたします。商品についてのお問い合わせは通常通り、ご対応させていただきます。今後の予定については、ホームページ及びSNS等にてお知らせいたしますので、ご理解の程、どうぞ宜しくお願いいたします。

Sunday,Monday,Tuesday,Wednesday,Thursday,Friday,Saturday
January,February,March,April,May,June,July,August,September,October,November,December
Not enough items available. Only [max] left.